ホーム
 
 
 
遊々の森季節の山野草安比の生きもの森林ボランティアフォトギャラリー活動予定
     
   
     
 
目的
 安比高原ふるさと倶楽部は、「あっぴ高原遊々の森」(「奥のまきば」「中のまきば」「ブナの森」)を中心に安比高原の貴重な財産である自然環境を次世代につなぐ保全と整備を柱とした事業を行い、様々な実践活動で人と人が交流する場を構築し、地域資源活用型観光地を考え実践する協議会とする。

組織名
「安比高原ふるさと倶楽部」

設立趣意書
 安比高原の歴史は「奈良・平安の時代(8世紀〜12世紀)から蝦夷馬の産地として開かれてきた(安比高原物語より)」と記述されています。かつて南部馬の生産が盛んな時代、「前のまきば」「中のまきば」「奥のまきば」と広大な放牧地は森に囲まれた美しい高原だったと想像できます。また同じ時代、安比高原の森林は山麓の人々により浄法寺漆器の木地材や薪炭生産として昭和の30年代まで地元の産業を支えてきました。
 しかし、昭和40年代からは畜産など第一次産業の環境変化により牛馬の放牧が減り始めました。そのため藪化及び森林化が急速に進み、美しい芝草原が減り始めたことに地元関係者や自然愛好者から安比高原の景観を保全できないかと言う意見が多く寄せられました。
 この意見に応じて平成18年に八幡平市と岩手北部森林管理署協力の下、「あっぴ高原遊々の森」協定締結を行い同推進会議が開かれ歴史的一歩を踏み出しました。その成果は歩道整備や市民参加の環境保全ボランティア活動として現れ、少しずつ美しい風景を取り戻してきました。これからは民間主体の活動に移り、これまでの保全活動を持続させる段階を迎えています。
 安比高原の保全活動を持続するには、地域住民や地元関係者や行政が地域資源としての価値を共有し、憩いの場として地元市民に愛されることと、地域内外から参加者を増やす活動が必要と考えます。特に都市化が進む社会の生活者は、安比高原の美しい自然に感動することで、保全活動に賛同し参加していただけるものと考えます。
 安比高原の環境保全活動を事業の柱に、100年先の安比高原を創造し実践する組織として「安比高原ふるさと倶楽部」を設立いたします。 
 趣旨ご賛同いただき発起人会へのご入会を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。


主旨要点
・安比高原が自然と人の係りから成り立った歴史認識と価値を共有
・安比高原の自然環境保全と持続可能な活動の創造
・保全活動を地域資源活用型活性化モデルとして安比高原から発信


  平成24年4月  
    安比高原ふるさと倶楽部
会 長  関 善次郎
 

 





1. 環境教育活動
  (ア) 地元の学校等へ環境教育を通じて地物と自然と歴史を伝える。
  (イ) 自然と人との共生をテーマに体験学習による安比高原環境教育を提供する。

2. 環境保全活動
  (ア) 季節のボランティア活動を行う。下刈作業・歩道管理・標識管理他
    @ 春のボランティア活動 野焼き作業 歩道整備 1日〜2日
A 夏のボランティア活動 散策路草刈作業 1日〜2日
B 秋のボランティア活動 下刈作業と焼却作業 約1週間
  (イ) ボランティア交流会の実施
    @ 秋のボランティア最終日に総会と会員交流会を行う。10月最終土曜日候補

3. 安比高原の円滑な観光利用推進と啓発活動
  (ア) 安比高原を安全に美しく楽しむルール作り
  (イ) イベント・セミナー等の実施
  (ウ) 安比高原ふるさと倶楽部 自然案内人登録
  (エ) 保全活動ボランティア育成活動

4. 活動情報の開示と配信
  (ア) 安比高原戦略的宣伝活動
    @ 会員へHP・メールによる情報配信
A 会員へ活動状況の報告
  (イ) 正会員及び関連組織との活動情報共有
    @ 会議議事録配信
  (ウ) 会員募集
    @ 会員募集と募金活動情報を開示

5. 当面の活動  ※諸問題に対する討議検討を開催する。
  (ア) 設立総会に向けた活動
  (イ) 主旨に賛同してくれる発起人呼び掛け
  (ウ) 保全・保護・資源の活用の方向性と模索
  (エ) 人的ネットワーク活用


会   則
第1条
(名称)
この会は、「安比高原ふるさと倶楽部」(以下「倶楽部」という。)と称し、
事務局を「〒028-7396八幡平市 安比高原117-17 ホテル安比グランド内 
イーハトーヴォ安比高原自然学校」に置く。
第2条
(目的)
倶楽部は「あっぴ高原遊々の森」(「奥のまきば」「中のまきば」「ブナの森」)を中心に安比高原の貴重な資源である自然環境保全活動と市民憩いの場を作り、地域資源活用型観光を目指して、100年後の自然と人間の有機的な共生をも視野に入れた活動を行うことを目的とする。
第3条
(組織)
倶楽部は前条の目的に賛同する正会員(団体・家族・個人)、賛助会員(団体・個人)をもって組織する。
第4条
(入会)
正会員又は賛助会員として入会しようとする者は、別に定める入会申込書により申し込みを受ける。
第5条
(会費)
会員は総会で定める年会費を毎年納入しなければならない。
第6条
(活動)
倶楽部は、第2条の目的達成のため次の活動を行う。
1.「あっぴ高原遊々の森」環境保全活動
2.学生及び団体への環境教育活動
3.円滑な観光利用推進と啓発活動
4.自然及び保全活動等の情報発信活動
5.その他目的達成に必要な活動
第7条
(役員)
倶楽部に、次の役員を置く。
1.理事 10名以内(うち会長1名 副会長2名)
2.監事 2名を置く。
第8条
(役員の選出)
1.役員は、総会において会員の中から選出する。
2.会長及び副会長は理事の互選とする。
第9条
(役員の任期)
1.役員の任期は2年とする。
第10条
(役員の職務)
1.会長は、倶楽部を代表し職務を総括する。
2.副会長は、会長を補佐し、会長事故ある時は、その職務を代行する。
3.監事は、倶楽部の事業及び会計を監査する。
第11条
(総会)
1.総会は会長が招集し会長が議長となる。
2.総会は正会員の出席をもって開催できる。
3.総会の議事は出席者の過半数の賛成をもって決する。
第12条
(運営)
1.運営委員長及び運営委員は会長が指名し、運営委員会を構成する。
2.運営経費は、会費、寄付金、助成金及びその他収入を充てる。
第13条
(オブザーバー)
1.会長はオブザーバーを置くことができる。
2.オブザーバーは組織横断的に活動に関して助言ができる。
第14条
(会計年度)
1.倶楽部の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
第15条
(補則)
この会則に定めるものの他、倶楽部の運営に関し必要な事項は、倶楽部の会議を経て理事会が定めるものとする。

この倶楽部の設立当初の年会費は、次に掲げる金額とする。
1. 団体正会員  5,000円
2. 家族正会員  2,000円
3. 個人正会員  1,000円
4. 賛助会員 一口1,000円 

この倶楽部の運営で決めた活動に於ける経費は、次に揚げる金額とする。
1.日当  1日8,000円 半日4,000円
2.交通費 実費 ※車の燃料費は10km/L×140円
3.宿泊費 実費
付則 この会則は平成24年4月1日より施行する



 
  安比高原ふるさと倶楽部では、活動にご賛同頂ける個人・家族・企業会員様を随時募集しております!
   
 
 
  Copyright(c)
Appikougen Furusato Club All Rights Reserved.

ページの先頭へ