住みたい!がきっとある。八幡平で子育てと癒しのくらし

定住・交流サイト

岩手県八幡平市セカンドライフ

最新インフォメーション

寒締めほうれん草がおいしい季節です!

八幡平では寒締めほうれん草が旬を迎えています。

寒締めほうれん草とは、その名の通り寒気にさらされたほうれん草のこと。
甘みが強く、ほうれん草ならではの濃い味わいをたっぷり堪能できます。

今回記事を書いている私は埼玉出身で実家でほうれん草も育てていましたが、寒締めほうれん草は関東のほうれん草よりもずっと甘くておいしいです!

岩手山麓からの「風」という八幡平だからこその恵みが味にいきています。
栄養価も高いので、冬の厳しい寒さを乗り越える上でも最適です。
ぜひご賞味ください。

八幡平市内では寒締めほうれん草を練り込んだソフトクリームや餃子なども販売されていますよ。

(掲載日:2019/02/15)

天然の雪国地吹雪が見られます

2月に入り定期的に寒波が襲来していますね。
東京に雪が降ると珍しさからニュースになりますが、八幡平では雪が降る日が多いです。

八幡平リゾートや安比高原スキー場には、良質なパウダースノーを求めてたくさんの観光客が押し寄せています。

パウダースノーはさらさらとしているので風が吹くと舞い上がり、地吹雪が生じることが特徴です。
青森県など雪が深い地域は「雪国地吹雪体験」としてツアーを組んで盛り上げています。

八幡平市なら、天然の雪国地吹雪が無料で体験できますよ。
この時期しか見られない光景を、ぜひ楽しんでくださいね!

(掲載日:2019/02/12)

八幡平市のコミュニティセンターは12箇所、様々な企画を開催!

広い八幡平市には、各所にコミュニティセンターが点在しています。
合計、12箇所。それぞれの地域住民の交流の場として活用されており、様々な企画も開催されております。
https://www.city.hachimantai.lg.jp/cat51/cat57/cat1982/#030363

コミュニティセンターの活動について知りたい方は、コミュニティ便りが便利です。
回覧板と一緒に回ってくることもあります。
市役所にも各所のコミュニティだよりが用意されていますので、気になる企画はないかチェックしてみてくださいね。

(掲載日:2019/02/04)

2月の八幡平もイベントが豊富です

雪が降るとついつい出かけなくなるということはありますよね。
室内でゆっくり過ごすことも魅力的ですが、冬には冬ならではのイベントがあります。
もちろん、八幡平にも楽しい冬のイベントが豊富です。

2月には「八幡平・安比ゆきフェスティバル」が開催されます。
本気の雪合戦、雪に映える冬ならではの花火、七滝氷爆ツアーなどなど、この時期にしか体験できないイベントが盛りだくさんです。
http://www.hachimantai.co.jp/topics/13712
冬の八幡平でお待ちしています。

(掲載日:2019/01/25)

1月20日に「JOIN 移住・交流&地域おこしフェア2019」に参加します

2019年1月20日に東京ビックサイトで開催される「JOIN 移住・交流&地域おこしフェア2019」。
八幡平市も出展します。

八幡平市役所の担当者に加え、実際に八幡平市へ移住した地域おこし協力隊員も参加します。
生活や仕事、住心地など、さまざまな相談が可能です!
八幡平への移住・定住に興味がある方は、お気軽にお越しください。

日時:2019年1月20日(日曜)10:00~17:00
場所:東京ビッグサイト 東1ホール

詳細情報は下記
https://www.iju-join.jp/feature_cont/file/064/

(掲載日:2019/01/11)

冬の八幡平ではボンネットバスに乗車することができます

2019年が始まりましたね。今年もよろしくお願いします。

八幡平市では、今は珍しいボンネットバスが冬季限定で運行しています。
現役のボンネットバスに乗車できるところは、全国的にも少ないです。

ボンネットバスの走行区間

八幡平マウンテンホテル前 ⇔ 松川温泉

盛岡駅からバスを利用して向かう場合は、乗合バスで盛岡駅→八幡平マウンテンホテル前まで乗車し、八幡平マウンテンホテル前でボンネットバスに乗り換えます。

運行は冬季限定で1日3往復。
詳しい時間に関しては、下記のHPの情報をチェック!
http://www.hachimantai.co.jp/topics/15114

ボンネットバスの見どころ

ボンネットバスは、エンジンが運転席の前に付いていることが特徴です。
昭和30年ごろはボンネットバスの形式が主流でしたが、道路が整備されるなど状況が変わったこともあって時代とともに見かける機会は少なくなりました。
1984年に最後まで運行していた呉市交通局のボンネットバスが引退したことで、日本の定期路線バスからは姿を消しています。

期間限定の運行ではありますが、全国広しと言えどボンネットバスに乗車できることは貴重です。
1968年製のバスに揺られながら雪深い八幡平の景色を眺めていると、タイムスリップしたかのような不思議な気分を味わうことができます。

この機会に、八幡平に遊びに来てはいかがでしょうか。

(掲載日:2019/01/10)

2018年年末は今冬一番の寒さとなりました

10月28日に降った初雪から始まった2018年の冬。
年末となる2018年12月28日は、今冬一番の寒さとなりました。
強い冬型の気圧配置が30日ごろまで続く見込みであり、県内でも除雪等が進んでいます。

八幡平市に移住や定住をされた方も、年末年始に帰省される方は多いです。
交通量が増す中、荒れた天候になる予測ですので、十分にお気をつけください。

なお、八幡平市役所は、年末年始(2018年12月29日〜2019年1月3日)閉庁します。
今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。

(掲載日:2018/12/28)

舘市コミュニティセンターでハーバリウム教室が開催されました!

2019年12月21日、舘市コミュニティセンターでハーバリウム教室が開催されました。
ハーバリウムとは、もともと植物標本という意味ですが、現在では観賞用の新感覚のインテリアフラワー雑貨として人気を集めています。

舘市コミュニティセンターの吉田さんの指揮のもと、総勢8名の参加者が思い思いの作品を作り上げました。

ハーバリウムの作り方

ハーバリウムは、透明な瓶の中にドライフラワーやドライフルーツなどを入れ、不純物を含まない透明な専用のオイルに浸すことで出来上がります。
色の組み合わせやデザインが自由にできるのでオリジナリティの高い作品を作ることが可能です。

リボンやビーズなどの小物を入れて工夫することもできます。
参加者の中には、お酒の瓶や薬の空き瓶、100均一の小物など、自分の作りたいものに合わせた小物を持ちよって作品を仕上げている方もいました。

和気あいあいと楽しみながら作成!

完成イメージを思い描きながら作る工程は楽しく、教室内は常に笑顔があふれていました。
今回の教室ではお正月をテーマにしていましたが、様々な花材が揃っていたこともあり、最終的に自由なテーマでそれぞれのハーバリウムが完成!

写真は、参加者の方と完成したハーバリウムです。
1つとして同じ作品はなく、並べるとさらに場が華やぎますよね。

ハーバリウムは専用のオイルを使っているので1年以上、綺麗な状態を鑑賞可能です。
出来上がったハーバリウムは、それぞれの参加者の自宅にお持ち帰りとなりました。

(掲載日:2018/12/25)

八幡平は雪景色に変わりました

気象庁の発表によると、2018年の冬の気温は全国的に平年より高い予想となっています。
例年より気温が高いと言っても、八幡平はすっかり雪景色です。

写真は、市役所前の道路から撮りました。
除雪車が通ったおかげで道が見えますが、一面雪景色に変わっています。

これから春までは、冬を楽しむ季節ですね。
八幡平市にはスキー場や温泉があり、冬を楽しめる場所が多数あります。

今年の冬は八幡平市に来て羽を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

(掲載日:2018/12/14)

八幡平には寒い冬にピッタリの温泉が豊富です

12/7は、二十四節気の「大雪」にあたります。
雪がいよいよ降り積もってくる頃です。

八幡平でも12/6に本格的な積雪が始まり、7日は一気に冷え込みました。

寒い日は体をあたためたいですよね。

実は八幡平は、温泉が豊富にあります。
泉質も種類が豊富です。
火山の集積地帯である為、地中に染み込んだ雨や雪がマグマ溜まりの熱であたためられ再び地上に湧き出す際に、岩石の成分が溶け出すなどしています。その結果、様々な泉質の温泉が形成されているのです。

もちろん、温泉宿の数も充実ています。
それぞれの宿に個性があり、思い思いのリラックスしたひとときを過ごすことが可能です。

広い八幡平の各地に点在していますので、自分好みの温泉を探してみてはいかがでしょうか?

温泉検索は下記↓
http://www.hachimantai.or.jp/onsen/search.cgi

(掲載日:2018/12/07)

不動の滝は冬の鑑賞もおすすめです!

JR東日本「行くぜ、東北。」(松岡茉優さん主演のCMシリーズJ)第6弾「縁結び編」に登場したことで話題を集めた不動の滝。
実は、冬場の鑑賞もおすすめです。

冬が深まった頃の不動の滝では、積雪の影響で表面が凍りつき、幻想的な光景が広がります。

写真は2018年11月29日の不動の滝です。
まだ表面は凍りついていませんが、周辺の木々が枯れたことで景色を遮るものがなくなり、赤い橋と滝との対比をじっくり鑑賞することができます。
夏とは違う冬の光景も趣深いです。

ただし、雪が深くなると散策路を歩けなくなる場合もあるので、冬に訪れる際は天気や積雪量の様子を見ましょう。

なお、春が来て雪解けが始める4月頃になると、1年のうちでももっとも水量が増加し躍動感あふれる情景を楽しめます。

1年を通して様々な顔を見せる不動の滝を訪れてみてはいかがでしょうか。

(掲載日:2018/11/30)

2018年の初雪は雷雪でした

岩手山の初冠雪は(2018年)10月28日でした。
それから約3週間。
寒い日は続けどなかなか雪が降らないなと思っていたら、11月21日に市街地でも初雪が降りました!

写真は西根支所から撮影した光景です。
昨日までは普通に見えていた道がすっかり雪に覆われていることがわかります。

2018年の八幡平の雪は、珍しい雷雪から始まりました。
雷雪とは、発達した積乱雲から降る、雷を伴った雪のことです。
強烈な雷と降りしきる雪のコントラストは目を引かれるものがありますが、冬の雷は夏の雷以上に威力が大きいですので注意が必要とされています。

八幡平ではこれからどんどん雪の量が多くなり、例年クリスマス前後でドカ雪が降る可能性が高いです。
冬の対策をしっかり行なって、長い冬を乗り越えましょう。

(掲載日:2018/11/21)

八幡平のスキー場を3つご紹介します

市街地でも初雪を観測し、冬が到来しました。
八幡平市はスキー場が豊富です。
今回は、主な八幡平市のスキー場を3つご紹介します。

主な八幡平市のスキー場

八幡平リゾート
①パノラマスキー場
②下倉スキー場

八幡平リゾートには「パノラマスキー場」と「下倉スキー場」があります。

標高差460mの「パノラマスキー場」は、八幡平マウンテンホテルの目の前にありお子様連れの方も安心して楽しむことが可能です。
標高差550mの「下倉スキー場」は、中・上級者の方向けのコースが用意されています。

共通リフト券が使える上に、2つのスキー場の間は無料のシャトルバスが行き来しているので、レベルに合わせて自在に遊べますよ。

営業期間(共通)
2018年12月15日(土)〜2019年3月31日(日)

営業時間
パノラマスキー場:8:30〜16:30
下倉スキー場:8:30〜16:00

http://www.hachimantai.co.jp/ski-hotel/

③安比高原スキー場

全21コースを有する「安比高原スキー場」は、東北のスキー場の代表格です。
最大標高差は805m。毎年多くの人で賑わっています。

営業期間
2018年12月1日(土)〜2019年5月6日(月)予定

https://www.appi.co.jp/ski

雪が降り積もったら遊びに来てはいかがでしょうか?

(掲載日:2018/11/15)

八幡平の紅葉が見頃です!台風の落葉情報と合わせてご紹介

今年も八幡平に紅葉の季節が訪れました。

紅葉を見に訪れる人も徐々に増えてきています。

今回は、現地から紅葉情報をお伝えいたします!

2018年の八幡平の紅葉の見頃

掲載した写真は2018年10月3日に撮影しました。

八幡平山頂では、紅葉が見頃を迎えています。

2018年のピークは10月の第2週くらいの予定です。

市街地にまで下りますと、10月の第3週くらいがピークであろうと思われます。

赤だけでなく黄色やオレンジ色など、色とりどりの紅葉が楽しめる八幡平!

他にはない紅葉を鑑賞できるので老若男女問わずおすすめです。

台風の落葉情報

台風が通過すると落葉しているのかどうかが気になりますよね。

台風24号による落葉はほとんどありませんでした。

10月7日頃に来ると予測されている台風25号も影響が少ないと良いのですが•••。

10月6•7•8日には山賊まつりが予定されています。

最新情報をご確認いただけますと幸いです。

晴れているときに八幡平アスピーテラインは気持ち良いですよ〜!

紅葉の時期にぜひお越しくださいませ。

(掲載日:2018/10/04)

紅葉をみるなら森の大橋がおすすめ!2018年に見頃予想と合わせて紹介

9月も終わりを迎え、紅葉が本格化しはじめています。

八幡平には紅葉スポットが豊富!

中でも「森の大橋」は、おすすめです。

鑑賞のポイント含めて森の大橋の魅力をご紹介します。

森の大橋とは?

松川渓谷にかかる橋です。

松川温泉へ向かう県道を県民の森方向へ左折した場所にあります。

橋の上から渓谷を彩る紅葉を鑑賞できるベストスポット。

赤色や黄色、時期によっては緑色のままの樹木が入り混じっており、奥深い色合いを楽しめます。

駐車場情報

橋の先に無料の駐車スペースがあります。
ただし、土日は混み合うことが予想されますので、注意しましょう。

近くにある県民の森の駐車場に駐車して、歩いて訪れることも可能です。

2018年の紅葉見頃予想

9月下旬から徐々に紅葉が始まっており、10月中旬ごろに見頃を迎える予定です。

紅葉の時期に合わせて下記のイベントも開催されています。

10月6日~8日:八幡平山賊まつり

10月13日・14日:八幡平紅葉まつり
http://www.hachimantai.or.jp/event/2018/kouyou.pdf

紅葉を見に、ぜひ八幡平を訪れてみてくださいね。

(掲載日:2018/09/28)

ドライブ&ツーリングにおすすめ!八幡平の主要道路を個人的な視点から紹介!

涼しい風が心地よく、紅葉などが目を楽しませてくれる秋はドライブやツーリングに最適ですよね!

私もドライブが大好きです。

特に自然豊富で大きな道路は、走っていて気持ちが良い!

八幡平にはドライブ&ツーリングにおすすめの主要な道路が6つもあります。

実際に走った感想を元に、それぞれのラインをご紹介します。

ドライブやツーリングが好きな方は参考にしてみてくださいね。


①「八幡平アスピーテライン」

御在所地区から秋田県まで。
全長約27kmの壮大なコースです。

八幡平の中でも特に有名なコースと言えます。

絶景ポイント豊富なので、八幡平らしい自然を味わいたいなら一度は通ってみることがおすすめです。

八幡平の山頂まで車やバイクで行くことができますよ。

途中にガソリンスタンドなどはありませんから、通るなら事前にガソリンを十分に補充しておくことを推奨します。


②「岩手山パノラマライン」

八幡平を取り囲む山々を見渡せるコースです。

比較的まっすぐで曲がり角が少なく、広い道を駆け抜ける爽快感が味わえます。

八幡平の市街地を見渡すことも可能です。


③「八幡平樹海ライン」

松川温泉と八幡平山頂を結ぶコースです。

うっそうとした樹木の生命力に圧倒されます。

道はくねくねしているので、山道を登る楽しさを味わいたい方にもおすすめです。


④「安比高原レインボーライン」

安比高原へ向けて山の中を突き進んでいくコースです。
もちろん、安比高原から下っていくことも可能。

車通りが少なくのんびりとしたドライブを楽しめます。

天気が悪いと霧がでることもあるので、朝や夜の時間帯には注意しましょう。


⑤「七時雨カルデラライン」

面積の広い八幡平市。

七時雨カルデララインは、七時雨方面の外周を走るコースです。

おすすめポイントは、田代平高原で育てられている高原キャベツの畑。
日本とは思えないような光景が広がっていますよ。


⑥「安比・兄川グリーンライン」

花輪線の兄畑駅近くから安比高原ブナの二次林までを結ぶコースです。

ザ・山道というコースなので、初めて通った時はちょっと不安になりました…。

でも、静かな山道を堪能することができ、八幡平の奥深い魅力を体感することができます。

ブナの二次林は散策も可能。

癒されたい方にもおすすめです。


気になるコースはありましたか?

八幡平に来たらぜひ通ってみてくださいね。

(掲載日:2018/09/19)

連休訪問にオススメ!焼走り熔岩流

9月に入ってすっかり秋の空気になりましたね。
八幡平は岩手山が秋空に映える時期になりました。

連休に遊ぶところを探している方も多いのではないでしょうか?
どこに行こうか迷っている方に「焼走り熔岩流」の散策がオススメですよ!

焼走り溶岩流は、今から約286年前。
江戸時代に噴火した熔岩流の跡です。

真っ赤な溶岩が大地を駆け抜けていく様を見た当時の人々が、恐れと驚きの念から「焼走り」と名付けたと言われています。

自然観察路は秋真っ盛り。
爽やかな秋風を全身で感じ、足元では溶岩のゴツゴツとした感触を味わいながらのんびり散策できます。

雄大な岩手山と溶岩流が広がる光景は圧巻です。
目を閉じれば吹きすさぶ風の音や野鳥の声、虫の音が聞こえてきます。
ゴール地点にはかの有名な宮沢賢治の「鎔岩流」の詩碑がある展望台もありますよ。

焼走り熔岩流の自然観察路は遮るものがないので、羽織るものを持ってくることを推奨します。
歩きやすい靴があれば、お子様でも散策を楽しめるので家族で訪問もオススメです。

焼走り熔岩流見学者用の無料駐車場も完備。
焼走り溶岩流は、国際交流村の中にありますので、「国際交流村」を目指して来ていただくとアクセスできます。

近くに日帰り温泉館「焼走りの湯」もあるので、散策で疲れた体をゆっくり休めることも可能です。

9月の連休に「焼走り熔岩流」を訪問してみてはいかがでしょうか?

(掲載日:2018/09/13)

八幡平市役所からの眺めです!

八幡平市役所の本庁舎とJR花輪線の北森駅は自由通路にて直結しています。
線路を横断する自由通路からは、田んぼの中を通るまっすぐな線路を見ることができます。

写真は、朝に電車が北森駅に入るときの1シーンです。
市役所にご用のある方は、花輪線でお越しいただきますと雨にも濡れずに到着します。

八幡平市にお越しの際は、花輪線の利用も良いですよ。

(掲載日:2018/08/03)

【CMロケ地】「不動の滝」は涼しさ満点の素敵な場所!

最近暑い日が続きますね。
エアコンの効いた部屋ばかりだと体も少し疲れてきますよね。
そんなときは、自然の力をいただいてリフレッシュしたいものです。

そこで、おすすめなのは、八幡平市安代地区にある「不動の滝」です!桜松神社の境内にあります。
高さ約15mから飛沫をたくさんあげて垂直に流れ落ちる滝は、迫力満点です。
マイナスイオンたっぷりで、ココロもカラダもリフレッシュできるのではないでしょうか。

また、桜松神社の参道を進むと2本の木が仲良く結びついた「縁結びの木」があります。
この場所は、現在放送中のJR東日本「行くぜ、東北。」2018夏のCMロケ地となっています。

◆JR東日本「行くぜ、東北」2018夏
 http://www.jreast.co.jp/ikuze/cm/

ぜひ、この季節にぴったりの桜松神社の「不動の滝」にお越しください!

(掲載日:2018/07/20)

「道の駅にしね」の名物です!

 「道の駅にしね」は、国道282号線沿いにあります。
 建物内にある生産物直売所には、八幡平市特産のほうれんそうや新鮮野菜などの産直品が所狭しと並びます。
しかも、値段が安い!八幡平を訪れる観光客や近隣の市町村のみなさんも産直品の新鮮さや値段にひかれてカゴいっぱいのお買い物をしてくださいます。
 産直品は、その他に切り花・鉢花・手作り団子・鶏肉・漬物・手作り味噌など種類も豊富です。

 そして、「道の駅にしね」に来たら食べていただきたいものがあります!
 それは、なんと「ほうれんそうソフトクリーム」です。あまり聞いたことがないですよね~。
 八幡平市特産のほうれん草を使用した、きれいな緑色のソフトクリームです。
 どんな味かは、ぜひ「道の駅にしね」にてお試しください!
 これからの季節にぴったりのソフトクリーム。おいしいですよ~(^^♪

(掲載日:2018/07/10)

1 2
定住に関するお問合せ

0195-74-2111
八幡平市企画財政課
お問合せフォームはこちら